top of page
  • 執筆者の写真BUSANJMJ_M

Vビームとは?顔の赤み、毛細血管拡張、血管腫、ニキビ跡の赤みなどあらゆるタイプの赤みの治療に効果的/韓国での費用は?施術の流れは?

Vビームとは?

Vビーム・パーフェクタはあらゆるタイプの赤みに効果的な最新レーザー治療です。従来のVビームよりも進化した機能により、より安全で効果的に、様々な肌トラブルを改善することができます。

Vビームの進化の歴史

  1. 1992年: 「SPTL-1」

  2. 2010年: 「Vbeam」

  3. 2016年: 「Vbeam Perfecta 」

  4. 2020年: 「Vbeam Prima」

一般的なレーザーが黒色のメラニンに反応する一方、Vビームレーザーは赤色の色素に反応する点が特長です。この特異性により、血液中のヘモグロビン(赤血球)にピンポイントで作用し、以下の症状に効果を発揮します。

  1. 赤ら顔:毛細血管拡張症、酒さ様皮膚炎、 розаセアなど

  2. 血管腫:単純性血管腫、毛細血管拡張性太田母斑など

  3. ニキビ跡の赤み:炎症性ニキビ、紫外線による色素沈着など

  4. 毛細血管拡張症:顔、首、手足など

  5. 肌若返り:小じわ、たるみ、くすみなど

Vビームレーザーの特徴

  1. 高い安全性:周囲の正常な組織を傷つけることなく、安全性の高い治療です。

  2. 幅広い適応症状:赤ら顔、毛細血管拡張症、赤アザ、ニキビ跡の赤み、いちご鼻、 розаセアなど、様々な症状に対応できます。

  3. 美肌効果:毛細血管拡張症の改善により、肌質改善や毛穴の引き締め効果も期待できます。

  4. ダウンタイムが短い:治療後すぐにメイクが可能で、日常生活に支障をきたしません。


日本お客様


血管を破壊するってなんか怖いですが、血管を破壊しても大丈夫ですか


異常な血管ではヘモグロビンが多く存在します。Vビームは、ヘモグロビンに特異的に吸収される波長の光を使用していて、異常な血管にのみダメージを与え、周囲の正常な組織を傷つけることなく治療することができます。長年にわたって多くの症例で安全性と有効性が確認されている治療です。


日本お客様


体にとって不要な血管はなぜ出来ますか


理由はいくつかあり、なにからの原因で過剰に血管新生、炎症、加齢、ホルモン、生活習慣などによる血管老化などで不要な血管が出来やすくなります。不要な血管ができてしまうと、赤ら顔、毛細血管拡張症、ニキビ跡の赤み、太田母斑、血管腫、静脈瘤などの症状が現れることがあります。

Vビーム治療を行う皮膚疾患

Vビームは下記のような皮膚疾患に効果的です。

・赤ら顔/赤アザ ・にきび痕の赤み、傷痕の赤み ・毛細血管拡張症 ・酒さ様皮膚炎 ・血管腫 など


日本お客様


美肌になりたいけど、赤み治療も必ず必要?


ミジョン


美肌治療において、赤み治療は非常に重要です。 赤み治療は、美肌を目指す上で重要なステップです。 赤みは、さまざまな肌トラブル( розаセア、毛細血管拡張症、炎症後色素沈着など)のサインであり、放っておくと肌質悪化や(赤みは、肌の炎症を引き起こし、肌質悪化の原因となります。炎症が続くと、バリア機能が低下し、乾燥や敏感肌などの問題に繋がる可能性がある)シミ・くすみ(炎症後色素沈着の原因となる)などの原因となる可能性があります。

治療の流れ


STEP

医師の問診


お悩みの相談、Vビームレーザーが適した治療かなど医師が診察を行います。

STEP

施術


医師が患部にレーザーを照射します。

STEP

施術後の注意事項の説明


Vビーム照射後の注意事項についてなど説明があります。

Vビームについてよくある質問 痛いですか?

冷却ガスで皮膚表面を冷やしながらレーザーを照射するため、痛みは小さめです。輪ゴムではじかれるような痛みを感じることはあり、痛みは個人差があります。 所要時間はどのくらいですか?

レーザー施術時間は治療範囲によりますが、両頬の基準だと5分程度です。血管を観察しながら照射するため、麻酔なしで行うことが可能です。治療範囲が狭い場合は麻酔なしでも受けられるレベルの痛さですが、照射部位や範囲、痛みに対する感受性によっては、麻酔クリームを使用する場合もあります。麻酔クリームを使用する場合は病院滞在は2時間半は予想されます。 治療のデメリットもありますか

照射後に一時的に赤みや腫れが出る場合があるのと、お肌の状態にもよりますが、効果を実感するまで数回治療が必要です。 1回でも効果はありますか

1回の照射でも効果を実感できる場合がありますが、症状の程度や肌質によって、効果の出方、必要とする治療回数は異なります。 Vビーム治療を受けた後のケアは何が大切ですか

照射後は、患部を冷やすことで、痛みや腫れを抑えることができます。また、保湿したり、患部の紫外線対策を徹底にすることが大切です。肌の回復を促進し、副作用を防ぐために重要です。

副作用・リスク

まれに以下のような副作用が一時的に起こることもありますが、ほとんどの場合軽度であり、数時間から数日で自然に消えます。

腫れ、赤み、かさぶた、紫斑、色素沈着、白斑、毛嚢炎、熱傷

★経験豊富な皮膚科専門医によるカウンセリングを受け、自分に合った治療計画を立てることが大切です。期待できる効果や副作用のリスクについて理解して治療を決めましょう。

Vビーム治療の効果は、ドクターの腕に大きく左右されます。必ず皮膚科専門医に治療を受けましょう。

  1. 照射量の調整: 照射量が多すぎると、副作用のリスクが高まります。逆に、照射量が少なすぎると、効果が得られません。

  2. 照射部位の選択: 血管の太さや深さによって、照射する部位が変わってきます。

Vビーム治療を受けることができない方

  1. 妊娠中または授乳中の方

  2. 光線過敏症の方

  3. ケロイド体質の方

  4. ヘルペスなどの感染症がある方

  5. 抗凝固薬を服用している方

釜山(韓国)での費用の目安は?

釜山でのVビーム施術費用の目安は両頬基準で

約40~50万ウォン程度

釜山でVビーム治療が可能なクリニック

釜山美活旅

釜山美容皮膚科 キムヤンジェ・ジャンボンソク皮膚科 釜山で現地人にも人気なキムヤンジェ・ジャンボンソク皮膚科。主な施術メニュー:シミ取り・シワ取り・肝斑

まとめ


日本お客様


美肌になりたいけど、赤み治療も必ず必要?

韓国では複数のレーザーを組み合わせた複合プランも人気。 Vビームを含むレーザー治療を組み合わせた複合プランは、血管性シミ治療とニキビ肌&ニキビ跡治療が人気が高いです。 Vビーム治療の効果は、ドクターの腕に大きく左右されます。 自分に合った治療法を見つけるためには、皮膚科専門医に相談を受けることが重要です。

顔の赤みが気になる方は、ぜひドクターとのカウンセリング時に、Vビーム治療についてお尋ねください。

閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page