top of page
  • 執筆者の写真BUSANJMJ_M

シミ取りレーザー、フラクセル3デュアルってどんな治療?効果は?韓国釜山での費用相場

シミ・くすみ・色素沈着・肝斑、毛穴、凹凸のあるニキビ跡を同時に改善したい方におすすめなのがフラクセル3デュアル。

このレーザーの最大の特徴は「肌を入れ替える」こと。

フラクセル3デュアルは、1回の施術で12~20%くらい皮膚の入れ替わりを目指すレーザーです。

理想の効果を得られるためアジア人の肌にもっとも最適な治療アレンジとして5~7週間の間隔で3回程度の治療をオススメするケースが多いです。理想なアレンジはそうですが、海外からの方は2~6ヶ月に1回の間隔で受けている方も多いです。理想の治療回数や期間、効果、回復期間などは年齢、皮膚の状態、治療部位、性別などによっても異なります。シミなどの色素治療は即時的なもの・完治の概念のものでなく、治療を重ねていくことで少しずつ改善していく緩和の治療です。

本記事では、フラクセル3デュアルについて、効果やダウンタイム、韓国釜山で施術を受けた場合の費用相場などを含めて詳しく紹介します。

フラクセル3デュアルってどんな治療?

フラクセル3デュアルは、シミ、くすみ、色素沈着、毛穴、凸凹のニキビ跡の改善に効果のあるソルタ・メディカル社のレーザー機器です。アメリカのFDA(日本の厚生労働省にあたる機関)の承認も受けているレーザーで、安全性や効果についても信頼のある医療機器です。

FDA認可を受けている内容 :目の周りのしわ(眼窩周囲のしわ)、にきび跡、手術跡、シミ/黒点(色素沈着病変)、肝斑(額、頬、上唇、鼻の茶色い皮膚の不規則な斑点)、光線角化症(皮膚の状態)、皮膚の再表面化

デュアルの名は1927nmと1550nmの二つの波長のレーザーを使用することに由来しているが、1927nmの波長は、シミや肝斑の治療に有効、1550nmの波長は小じわ、毛穴、クレーター状のニキビ跡などの治療に有効です。

1927nmの波長

皮膚の浅い層にアプローチし、シミや色素沈着などの色素改善・皮膚のキメを整える・透明感アップ・美白 1550nmの波長

皮膚の深い層にアプローチし、毛穴、ニキビ跡、傷跡やシワを改善・ハリアップ

皮膚表面に目には見えない程度の(1㎠あたり約2000個に及ぶ細かい穴)点状照射をしてコラーゲンの生成やターンオーバーを促進して新しい肌に入れ替える治療法です。

症例写真 www.fraxel.com 公式ホームページから抜粋

1回の施術で完全にシミ・毛穴が改善されるというわけではないという事を理解した上で治療を受けましょう。

フラクセル3デュアルはどんな効果がある?

フラクセル3デュアルの主な効果は、波長によってそれぞれ違います。

フラクセルレーザーの進化の歩み

フラクセルレーザーは、2004年に米国で開発され、皮膚再生と色素沈着改善の分野において、常に進化し続けています。

  1. 2004年: フラクセル1フラクセルSR750(프락셀)

  2. 2006年: フラクセル2フラクセルSR1500(re:storeフラクセルリストア프락셀제나)- 1550nm波長のレーザー使用により皮膚再生効果を向上

  3. 2007年:フラクセルリファイン (re:fine 프락셀 리파인) 1410nm波長、こじわ、色素改善

  4. 2007年: ラクセルリペア(re: pair 프락셀 리페어) :施術後、日常生活に差支えのあるCo2フラクセル

  5. 2009年: フラクセル3デュアル (re: store dual 프락셀 리스토어 듀얼)- 1550nmと1927nm波長のレーザーを組み合わせ、色素沈着改善効果を追加



韓国釜山でのフラクセル3デュアル治療の費用相場

韓国釜山でのフラクセル3デュアルの施術費用は以下の通りです。

フラクセル3デュアル 単品治療での費用相場:500,000ウォン~900,000ウォン

日本では、顔の部位によって価格が設定、麻酔の料金がオプションで設定されているクリニックが多いですが、韓国釜山では、顔全体にレーザーを照射、麻酔や術後の処置、鎮静ケアなどがすべて含まれています。また、治療の効果を高めるためにレーザートーニングとの組み合わせも人気が高いです。クリニックによってはレーザートーニングとホクロ取り放題の組み合わせプランが価格がお得に設定されているところもあるので、ドクターとの相談の時に複合プランについてもよく話し合って決めましょう。

フラクセル3デュアル 複合プランでの費用相場:700,000ウォン~1,200,000ウォン


日本お客様


レーザー治療を受けたいのですが、ネットで調べたら、2倍以上差があるところもあって。。。クリニックによって料金が大きく異なるのはなぜですか?

様々な要因によって異なりますが、レーザー治療の場合、大きくは3つです。

①医師の専門性、皮膚科専門医と一般医の違いで、皮膚科専門医の方が高いです。美肌治療に関しては皮膚科専門医がその分野の専門知識と経験を持っています。極端的に分かりやすく言うと、同じスポーツ選手でも野球選手とサッカー選手の違いですかね。お肌の治療は皮膚診断を基に治療計画を立てることになるので、的確な診断、適切な治療計画、一人一人のお肌の状態を見極めた治療技術が必要です。

➁美肌の治療はほとんどレーザーによる治療なので、クリニックの設備も価格に影響します。最新型、トップレベルのマシンの方が安全性、効果も高くより短時間で治療が終わり、副作用のリスクも少ないです。

★設備が価格に影響しているのは事実ですが、要因の一つです。よくマシン価格で治療費を比較する方もいらっしゃるのですが、医療行為なので、同じレーザーだから同じ効果があると思うのは大間違いです。

治療内容・治療時の技術力(お肌の状態に合う医療機器、適切な照射量と出力で照射しなければ、効果が出ないだけでなく、火傷などの副作用を起こす可能性もある)によっても価格は異なります。使用するレーザーの種類、照射範囲、照射量、出力の強度、照射時間などの治療方法などによって料金が変化します。

フラクセル3デュアルは、顔以外にも手や腕などのシミにも効果があるため、シミの範囲によって費用の変動はあるものの、治療が可能です。


日本お客様


フラクセル3デュアル、受けたことあるけど、効果がありませんでした

フラクセル3デュアルは、皮膚再生や傷跡治療の分野で高い評価を得ているフラクショナルレーザーの一つです。強力なレーザーエネルギーで深いニキビ跡まで改善する効果が認められており、レーザー治療の中でも強度が高い治療に分類されます。しかし、強力な効果と同様に正しい治療法ではない場合リスクも存在します。また、正規品のフラクセルレーザーではない場合や再生チップを使用した場合には、皮膚再生効果を著しく低下させ、希望する結果を得られない可能性があります。

効果がなかった場合、予想される理由

  1. 正規品のフラクセルレーザーではない場合

  2. 正規品のチップではない再生チップの使用 ★チップは通常3~5回使用してから交換が必要な消耗品です

  3. 皮膚の状態と傷跡の種類: すべての皮膚の状態と傷跡の治療に効果があるわけではありません。適切な診断の上、受けてください

  4. 個人の皮膚再生能力: 個人の皮膚再生能力によって効果が異なる場合があります。

  5. 施術回数: 傷跡の深さに応じて、複数の施術回数が必要な場合もあります。

  6. 施術後の管理

  7. 医師の専門性

フラクセル3デュアル治療後の注意事項

フラクセル3デュアルのレーザーは、効果が高い分、治療後のケアも非常に重要です。

  1. 当日から洗顔やシャワーはできるが、激しい運動、サウナ、入浴、お顔のマッサージやピーリングなどお顔に刺激を与えることは1週間は控える

  2. 術後は若干の腫れや赤み、火照りが生じるが(2~3時間)、アイスパックなどで冷やす。(治療当日と翌日)

  3. 洗顔の時は洗顔料をしっかりと泡立て、たっぷりの泡で洗う。(美肌を保つ最適な水温は32~34度!洗顔はぬるま湯)肌を強くこすったりしないように気をつける。

  4. 術後にできる微細なかさぶたは無理に剥がさない (個人差はありますが、一般的に術後3日目から少しずつ剥がれ落ちて7~10日間程度で自然に剥がれます)

  5. レーザー後は普段よりも乾燥しやすくなるので術後1ヶ月間は(再生クリームや保湿クリームで)たっぷり保湿を行う(かさぶたが剥がれ落ち始めたらその部位がかゆくなるが、保湿クリームを塗って保湿すると緩和される)

  6. 術後、2~4週間は紫外線の影響を受けやすくなるので、日焼け止めクリームなどで紫外線宅策も徹底的に行う

  7. オイルのメイク落とし・シートマスク、機能性化粧品(トレチノインやAHAなどの配合された化粧品及び洗顔料)、美白クリームなどはレーザーして7~10日間は控える

フラクセル3デュアルは、施術後に微細なかさぶたができますが、無理にこすったり触らないようにしましょう。

かさぶたができる”ということは、肌が再生しているという証拠なため、無理に剥がすと、色素沈着につながる可能性が高くなります。

また、どんなレーザーでも共通することですが、施術後は保湿や紫外線対策が非常に大切です。

韓国の美容皮膚科には術後のケアとして再生クリーム(保湿クリームのこと)を提案するところも多いです。予算に余裕のある方は、普段使っている保湿クリームよりも病院で販売されている再生クリームを購入して、スキンケアをしてあげることをおすすめします。再生クリームの中ではレーザー後の皮膚の早い回復、色素沈着予防の効果がある成分(たとえばEGF)が入ってるのもあります。再生クリームは日々のデイリースキンケアとしても活用できます。

★使う順番は化粧水(フラクセル複合プランの場合、術後1週間は化粧水なしですぐ再生クリームでもOK)→再生クリーム→(外出時)日焼け止めクリーム→化粧


フラクセル3デュアルに関するよくある質問 ダウンタイムはありますか?

術後、若干の腫れ、赤み、ほてりがありますが、1~2日ほどで落ち着きます。術後、約1週間は微細なかさぶたができ、肌がざらざらとします。1週間はかさぶたの影響で普段よりも化粧のノリが悪くなりますが、3~7日でかさぶたは取れ、潤いのあるツルツル美肌、透明感のある柔らかいみずみずしい肌へと入れ替わります。 施術後3ヶ月経ったのに、シミが薄くなった気がしません。(または、濃くなった気がする)

体質などによっては治療後に炎症後色素沈着(一時的に色が濃くなる2次性色素沈着)を起こす方もいます。

通常、3~6ヵ月程度で消失し、シミは薄くなりますので様子を見る必要があります。 施術は痛いですか?

麻酔クリームを塗って30~40分くらいおいてレーザーを行うので、我慢できるほどの痛みです。ヒリヒリ、チクチクとした痛みとほてり感を感じる方が多いです。(初めて受ける場合はレーザー後、3~4時間くらい火照りと熱感を感じる人が多いです)

フラクセル3デュアルは痛み緩和のため、レーザーマシンにレーザーを照射する時に冷却エアが出ます。冷却エアと同時に治療中、アイスパックでも治療部位を冷やし、痛みを軽減する工夫をしてくれるクリニックもあります。

フラクセル3デュアルを受けるなら韓国釜山で!

レーザー治療は正しい診断、皮膚科専門医の知識と技術(レーザーマシンの適切な設定、操作)が肝心です。

釜山にはフラクセル3デュアルレーザー治療実績が豊富で、日本人の治療経験も豊富な美容皮膚科のベテラン名医もいます。

肝斑・シミに悩んでいる方、毛穴や凹凸のあるニキビ跡に悩んでいる方、お顔全体のトンを明るくしたい方、フラクセル3デュアルのレーザーが気になっていた方は、ぜひ釜山での治療を検討してみてくださいね。

あわせて読みたい

【釜山皮膚科・西面】釜山美容皮膚科 キムヤンジェ・ジャンボンソク皮膚科 基本情報施術価格症例写真アクセス情報 釜山で創業40年!豊富な実績とメニューが魅力釜山(プサン)の繁華街・西面(ソミョン)エリアにある「ゴウンセサンキムヤンジェ・ジ…

あわせて読みたい

韓国(釜山)でシミ取り|シミの種類、治療費の目安 韓国・釜山でシミ取りをしたいという方へ、シミ取りをするときの美容クリニックでの流れや価格の目安、ダウンタイムについてまとめています。シミは非常に複雑で、たくさんの種類があります。必ず皮膚科専門医に診療を受けてから、自分にあった適切なレーザー治療を提供してもらうようにしましょう。専門医でないクリニックで治療を受けると、自分の思っていた効果を感じられなかったり、シミが悪化する可能性もあります。韓国・釜山でシミ取りをする方は、美容クリニック選びにも注意してくださいね。

閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page