top of page
  • 執筆者の写真BUSANJMJ_M

【釜山で医療脱毛】医療レーザー脱毛とは?エステ脱毛との違いは?費用は?

韓国(釜山)で医療脱毛を検討中の方にぜひ読んでいただきたい記事です。 脱毛は日本と韓国、どちらで受けた方がよいのか?医療脱毛とエステ脱毛の違いは何なのか? そんな疑問点が解決できるように下記に紹介していきたいと思います。

医療脱毛とは?

医療脱毛とは、専門の医療機関でドクターによって行われる脱毛方法のことで、脱毛したい部位にレーザーを利用して毛根組織を破壊することで、永久的に毛を薄くする効果が期待できる脱毛方法です。

レーザー脱毛のメカニズムは、メラニン色素に選択的に吸収されるレーザーを利用して毛根を破壊することで、破壊された毛根は、もう毛を生やすことができません。

以下の条件が揃うほど効果は高くなります。

毛の条件

  1. 毛の色が濃い:メラニン色素が多いほど、レーザーエネルギーを吸収しやすく、効果が高くなります。

  2. 毛が太い:太い毛ほど、毛根が大きくなり、レーザーエネルギーの影響を受けやすくなります。

  3. 毛周期が成長期:成長期の毛は、毛根が活発に活動しているため、レーザーエネルギーの影響を受けやすく、効果が高くなります。

皮膚の条件

  1. 肌色が明るい:肌色が暗い場合は、メラニン色素が皮膚全体に多く存在するため、レーザーエネルギーが毛根に集中しにくくなり、効果が低くなる可能性があります。

医療脱毛とエステ脱毛の違い

エステサロンで行う低出力の光脱毛とは異なり、パワーが強く、医師が施術を行います。

個人差はありますが、自己処理が不要になるまでのレベルになるまでの施術回数にも大きな差があり、医療脱毛が8~10回(1年半)であればエステ脱毛は30回以上、5年くらいかかると言われています。 韓国では光脱毛のサロンは存在せず、脱毛を行いたいときには医療脱毛のできる病院へ行くのが一般的です。

ちなみに韓国語で脱毛のことは【ジェモ(제모)】といいます。

ジェントルマックスプロのマシン情報

韓国(釜山)の医療脱毛でオススメは【ジェントルマックスpro】というものです。

〇キャンデラ社のレーザーマシン 〇幅広い毛質に対応できる熱破壊式の医療脱毛機器

〇波長:755nm(Alexandriteアレキサンドライトレーザー)、 1064nm(ヤグレーザー) ⇒あらゆる毛質に効果的にアプローチ

〇冷却装置があり、施術時の痛みを軽減

〇脱毛後、美肌効果も期待できる(アレキサンドライトレーザーはシミやクスミを薄くする効果を見込める。毛穴・肌のキメを細かくし、脱毛とともに美肌効果も得られる、効果は個人差あり)

周毛期(毛の生え変わる時期)のサイクルと施術の回数

毛には生え変わる時期があり、成長前・後期~退行期~休止期のサイクルを繰り返しています。

  1. 成長期:毛が最も活発に成長する段階

  2. 退行期:毛の成長が止まり、毛根が徐々に上に向かって移動する段階

  3. 休止期:毛が抜け落ち、新しい毛が生えるまでの期間

脱毛レーザーは成長期の毛に効果があるため、毛周期に合わせてレーザーを定期的に受けるのが良いです。 一般的に医療脱毛は4~6週に1回の照射を5回、推奨されています。完了までの目安は5~8回で、個人差があります。

部位によって毛周期は異なるので医療脱毛の間隔も異なってきます。(

  1. ワキ、足など: 8~10週に1回

  2. 顔、VIOなど: 4~6週に1回

医療脱毛とエステ脱毛の比較(メリット/デメリット)

下記に医療脱毛とエステ脱毛の比較を行いました。

スクロールできます

医療脱毛のメリット

・少ない回数で完了する ・効果が半永久的に持続する ・医師が施術を行うため、万が一やけどなどが起こった場合もすぐに対応してもらえる ・施術時間が短い・施術時間が短い

医療脱毛のデメリット

・エステ脱毛の光脱毛より1回あたりのコストが高い ・痛みを感じやすい

すべての毛に効果があるわけではない: 白髪や産毛には効果が低い

 ★副作用で毛包炎が起こることがある 

毛包炎

  1. 毛穴の奥の毛根を包んでいる部分(毛包、毛嚢)に起こる炎症(ニキビのようなブツブツができる)

  2. 原因:毛穴の細菌感染、レーザーによる毛穴の刺激

  3. 症状:赤み、腫れ、痛み、かゆみ

  4. 治療:症状が軽い場合は2~3日で自然に治ることも多く、特に治療の必要はない。痛みがある場合は抗菌薬の内服や外用を行う

  5. 予防:施術後、お肌を清潔に

自己処理する場合は、清潔な電気シェーバーを使いましょう。(カミソリや毛抜きは避ける)


トータルで見ると時間もお金も医療脱毛の方が節約できたという話もよく耳にします。

釜山での医療脱毛価格(目安)

医療脱毛は部位によって金額が異なります。

下記は釜山でのジェントルマックスプロによる医療脱毛価格の目安ですので1度参考にされてみてください。

顔全体(額を除く) 1回目37万ウォン 2回目36万ウォン 3回目以降24万ウォン 額  1回目36万ウォン 3回目以降24万ウォン わき  1回目6万ウォン 鼻下  1回目6万ウォン  もみあげ 1回目24万ウォン 2回目24万ウォン 3回目12万ウォン 4回目以降6万ウォン

医療脱毛についてよくある質問 夏場から始めてもいいですか?

夏からの脱毛は行う人もいますが、仕事等で日光に当たる機会が多い方にはおすすめしていません。 冬から始めるのがよいでしょう。 医療脱毛が受けられない人はいますか?

妊娠中の方や生理中の方はホルモンバランスが不安定であったり、変化したりする場合があります。 肌トラブル回避の観点から控えるようにするのがよいでしょう。 医療脱毛はどのくらい痛いですか?

輪ゴムでパチンとはじかれたような痛さがあります。VIOは特に強い痛みを伴う場合があります。 麻酔クリームを塗るので痛みは最小限です。 医療脱毛レーザーは体に悪い影響はありませんか?

レントゲンのように副作用の心配される方もいらっしゃるかと思いますが、医療脱毛レーザーは身体へ影響はないのでご安心ください。 日本と韓国どちらでうけるべきですか?

通院が必要となるため、1~2か月に1度通院ができる場所で通うのが良いでしょう。

医療脱毛 前後の注意事項

医療脱毛は脱毛前/脱毛後に注意しなければならない点があります。

レーザー脱毛前後1週間は日焼けに注意する 施術前日まで必ず自己処理を行う(最もオススメは電気シェーバーを使った処理) 手抜きやワックスの自己処理は避ける

★男性の場合は、レーザー脱毛、当日に自己処理を行う

激しい運動や飲酒は控える(1週間はチムジルバン、サウナ、海水浴、プールは控える) 施術当日は入浴は控える(洗顔・シャワーはOK) 保湿をたっぷり行う/ 外出の際は必ず日焼け止めクリームを塗る

★施術できない場合もある:日焼けや過度な肌トラブルがある場合

★脱毛後の髭剃りのベストなタイミング:ベストはお肌が回復できる1週間後

髭剃りをしなければいけない場合は、最低1日を空け、電動シェーバーでのシェービングがおすすめです。

効果的な医療脱毛をうけるために

脱毛といえばどこの病院に行っても同じな簡単な施術というイメージをもたれる方もいらっしゃると思います。 しかし、効果的な医療脱毛を受けるためには専門知識、豊富な治療実績をもった医師に施術をうけることが大切です。 どんなに価格が安くて同じ機械を使用しているとしても専門知識や機械を使いこなす技術力がなければ安全に高い効果を得ることはできません。 また医療脱毛は複数回の通院が必要となり、周毛期を見極め、肌の診察を丁寧に行ってくれるドクターかどうかも見極めることが重要といえるでしょう。

釜山で医療脱毛が行える美容皮膚科

キムヤンジェ・ジャンボンソク皮膚科にて施術が可能です。 皮膚科専門医が常駐している病院です。 ※VIOの施術は行っていません。

釜山美活旅

釜山美容皮膚科 キムヤンジェ・ジャンボンソク皮膚科 釜山で現地人にも人気なキムヤンジェ・ジャンボンソク皮膚科。主な施術メニュー:シミ取り・シワ取り・肝斑

閲覧数:5回0件のコメント

Comments


bottom of page